読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

好きを語ろう(小説篇)

4月からいろんなものをお勧めする記事の掲載を構想中。

というわけで,自分の好きなものを語っていきたい。

先ずは「小説」篇から。

 

ぶっちゃけ,割と雑食。

何でも読むし,何にも読んでいない。

敢えて言うなら,ミステリィやSF,ファンタジィなどのジャンル文学が好み。

純文学はあまり読まない。

話題になった本も「他の人が読んでるからいいや」の立ち位置になっちゃう。

好きな作家は以前は田中芳樹とか京極夏彦とか答えていたなあ。

今ならなんて答えるかしら。

所謂文豪なら中島敦とか泉鏡花とか。

幻想系の文学に心惹かれる傾向はあるんだろう,きっと。

出版社でいうなら断然早川書房東京創元社

筑摩書房も大好き。

でも,やっぱり原点は児童文学と言えるかもしれない。

ケストナーの『飛ぶ教室』はいつまでたっても忘れられない。

勿論,『楽しいムーミン一家』も大好き。

飛行鬼にはずっと憧れている。

最近読んでいるのはジェフリー・ディーヴァー

定期的に猟奇系或いはシリアルキラーの登場するミステリィが読みたくなる。

今はその絶賛発作中。

その反動で〈日常の謎〉系ミステリィは食傷気味。

ライトノベルは読まなくもない程度。

昔の富士見ファンタジアや角川スニーカー,朝日ソノラマは好きだったんだけどね。

冴木忍の〈メルヴィ&カシム〉や〈道士リジィオ〉は今でも続篇を待っている。

あー,忘れてた。

神月摩由璃の『幾千の夜を超えて』は僕の宝物。

あの小説との出逢いは今も輝きを帯びている。

こんな物語を織りたいなあと思わせた数少ない作品のひとつだ。

また,いつか,あんな物語と巡り合いたい。

それが僕の読書の根源にあるのかもしれない。

 

こんな感じで明日は「漫画」篇を書けたらいいな。